塩見みゆき通信

市政の情報や千里丘地域、岸部・南正雀地域の活動をご紹介します。

手話言語法イベント大阪に参加

2月1日、大阪市の御堂会館で手話言語法イベントが開催され、そろり邦雄府会議員と出席しました。
1月27日、吹田市聴言障害者協会の方々が市議会に『手話言語法(仮称)早期制定に関する陳情』に来られました。
イベントは、手話やろう者を理解してもらい、手話言語法への支持をひろげたいとの願いで開催されました。
2006年に「手話は言語である」と定義した障害者権利条約が国連総会において採択され、日本では、昨年に改正された障害者基本法が言語に「手話を含む」と規定しました。
鳥取県議会は、手話を言語として位置づけ、普及に向けた環境整備を行う「手話言語条例」を全会一致で可決し、手話普及に関して大きな弾みをつくり出しました。今年、北海道石狩市でも制定予定であり、条例制定を求める意見書採択の動きも拡がっているとのことです。
吹田市でも、陳情を受け、意見書採択と条例制定へと頑張っていきたいと思います。


私は高校から短大の時、彦根の手話サークルに入れていただいていました。その頃、サークルは違いましたが、いろんなと
ころで交流させていただいた石野さんが現在、全日本ろうあ連盟の理事長をしておられます。思いがけずお会いできて大変懐かしく嬉しい事でした。
(開会のご挨拶をされる石野富志三郎理事長)

手話言語法イベント

ゆび文字で「ありがとう」と描かれたクッキーを会場で買いました。大阪聴覚障害者福祉会《あいらぶ工房》で作っておられます。紅茶味、抹茶味などとても美味しかったですよ!
ゆび文字クッキー

スポンサーサイト
[ 2014/02/01 20:35 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する