塩見みゆき通信

市政の情報や千里丘地域、岸部・南正雀地域の活動をご紹介します。

12月議会閉会 井上市長へ問責決議が議員全員の一致で可決

 12月24日、12月定例市議会が閉会しました。今回の議会では、10月末に、井上市長が自民党府会議員時代に、自身が代表を務めていた自民党吹田第1支部から自民党吹田支部への交付金として支出した100万円の架空支出の問題と、その直後に今度は個人井上哲也後援会が大阪維新の会から受けた寄付金99万5千円が入金処理されていなかった問題について、各会派が質問しました。「説明責任を果たすよう要望する」「市長の職を辞してはどうか」内容はそれぞれですが、市長に市長としての責任を問うものでした。市長は「単なる記載ミスであり、修正の届けを出したので問題ない」と説明していますが、日本共産党の代表質問で「記載漏れの100万円と99万5千円はどこにあるのか」の問いに、「元秘書が手元に現金で持っている」と答えました。非常に不自然です。ミスでは済まされないことであり、市長は、もっと真摯に説明をつくすべきです。
 問責決議を提案するにあたっては、極一部の議員から、不信任を出すべきとの声がありましたが、現段階では、政治資金の問題でも政治資金規正法に抵触する確たるものはなく、太陽光パネル設置の問題については、現在百条委員会で調査中であり、市長の関与が断定されているわけではありません。不信任というのは、刑事罰でいえば、極刑に値するほど重いものであり、簡単に出すべきものではないと考えます。不信任の安易な取り扱いは、「考え方ややり方が気に入らなければやめろ」という間違った扱いにつながりかねません。よって今回の問責決議で「市長に猛省を促す」とし、市長の責任を問いました。市長には、この事を重く受け止め、真摯に説明責任と公職としての自覚と責任を果たしていただきたいと思います。
 
スポンサーサイト
[ 2013/12/26 12:15 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する