塩見みゆき通信

市政の情報や千里丘地域、岸部・南正雀地域の活動をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大阪大学歯学部補綴科を受診しました

朝起きた時、正直爽やかに目覚める事がありません。1つは腰痛で「痛たたた!どっこいしょ」と言いながら起き上がる。2つ目は、顎と奥歯の違和感です。歯の食い縛りがあるようで、起き抜けに口や顎に疲れがあります。最近は、朝、食パンを食べる時に顎で「カクンカクン」と言う音がして、何となく憂鬱なかんじがありました。週末、いよいよ音だけでなく痛みまで出てきて、口も開けにくくなってしまいました。食事の時だけでなく、口を動かした時にカクンと音がしたり、ズレたような違和感もあり、食事はおじややツルッと流し込むような物にして様子を見る事にしました。これは顎関節症に違いないと調べてみると、吹田市では、阪大の歯学部で治療できる事が分かり、月曜日早速歯学部に電話で問い合わせると、「紹介状なしでも来てください」と言ってくださり、すぐ受診。まず問診科へ、次に補綴科へ。詳しく口の中を診察し、MRの予約をして、本格的に診察は約1ヶ月後になるとの事でした。その日の受診で何か解決した訳ではないのですが、取りあえず診てもらい説明を受けた事で安心しました。現在は、食事の調整で痛みは落ち着いています。
何が言いたかったかと言うと、やはり吹田は医療機関に恵まれているなぁとつくづく思った事でした。どこが悪くても大概の事は対応できる医療機関がこれほど揃っている所はそうありません。本当に有難いなぁと思いました。
スポンサーサイト
[ 2017/01/23 00:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。