塩見みゆき通信

市政の情報や千里丘地域、岸部・南正雀地域の活動をご紹介します。

2017年吹田市と自治会連合協議会合同防災訓練・ 第34回北地区障害者とボランティアの成人のつどい

1月15日午前中、市と自治会連合協議会の合同防災訓練が行われました。この冬最大の寒波で昨夜から雪が降り出し、今朝は降り積もった雪で真っ白。路面は凍りついて車の追突事故やバイクの転倒なども起こっていました。市の庁舎での訓練は予定通り行われましたが、各地区の訓練はそれぞれの事情に応じて対応するようにと言う事で、特に積雪の多かった北部ニュータウンや山田の地域では急きょ中止になった所もありました。
本庁の対策本部では、本番さながらの実践的な訓練が行われました。必要な機材などは議会全員協議室に設定され、午前9時30分に上町断層帯を震源としたマグニチュード7.5の直下型地震が発生し、市域で震度6強、一部震度7の大地震に襲われたと言う想定での実施でした。

20170115212433a96.jpeg
今回の訓練は情報の収集と伝達に力を入れて行われました。各地区に配置された地域防災要員や校区防災要員(職員)から次々と現地の様子が寄せられ、対策本部では各部署から配置された職員が情報を振り分け、担当部署が対応する実践がおこなわれました。白板には人的被害・施設被害・ライフライン・交通規制など項目別に届いた情報を整理されていました。市内の様子が映し出されるモニターの設置、マスコミ対応などの実践もされました。
201701152125018be.jpeg

201701152125252dc.jpeg
11時30分からの対策本部会議には議長と共に出席しました。各部署の報告(想定)と訓練の結果報告がありました。兵庫県神戸市にある人と防災未来センターから専門家の方が今回の訓練に参加していただき、訓練の評価や指導を受けるそうです。


午後からは、第34回 北地区障害者とボランティアの成人のつどいに出席させていただきました。

北摂ブロック(吹田・高槻・茨木・豊中・箕面・摂津)の成人のつどいが開催されました。支援学校の卒業生を対象に参加の呼びかけをされ、54名の申し込みがあったそうですが、雪のために来られなかった方もおられ、48名の新成人が出席されました。ご家族の皆様、支援学校の先生方、作業所の職員の方など、にぎやかに楽しいつどいでした。
新成人の皆さんは、とても自信に満ちた、晴れやかな良い表情で、まわされたマイクで20歳の決意を述べられました。各支援学校の先生方からのビデオメッセージや北淀高校の太鼓部の皆さんの演奏あり、楽しい出し物ありの温かいつどいでした。
2017011522021131e.jpeg

20170115220234916.jpeg

20170115220257474.jpeg



スポンサーサイト
[ 2017/01/15 21:02 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する