塩見みゆき通信

市政の情報や千里丘地域、岸部・南正雀地域の活動をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

分譲マンション等にたいする支援・インフラマネジメントについて視察に行きました

DSCF1980_convert_20130724171856.jpg
府中市役所での視察

DSCF1992_convert_20130802134146.jpg
      リニューアルした東京駅を模した郵便ポスト(東京駅構内)
 

 7月22日から23日まで、建設委員会の視察に行きました。
 一日目は、東京の港区で、分譲マンション等にたいする支援として、老朽化したマンションの建替えや改修を円滑に進めるため、管理組合などに対して、コンサルタント等の派遣や劣化診断に対する費用の一部助成、建替え計画案などの作成の費用助成などを行っている制度について説明を受けました。実際には、法律上の問題や住民の高齢化や費用負担、住民合意などむずかしい面が多いようです。吹田においても今後、この問題について、具体的な対策が求められます。また、日常的な修繕や管理を計画的に行っていくことが大切だと感じました。
 翌日は、府中市で、道路・下水道・公園・公共施設等の維持管理について、府中市が現状の調査を行い、今後の維持管理に要する費用や進め方について計画をまとめた内容について学びました。吹田の場合も大阪万博を機に住宅都市として発展し、他市と比べても早い時期からインフラ整備を進めてきたことから、老朽化が進んでいます。市民要求に応えながら、維持管理・更新を進める計画づくりが課題です。
スポンサーサイト
[ 2013/08/01 14:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。