塩見みゆき通信

市政の情報や千里丘地域、岸部・南正雀地域の活動をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

井口さんの熊本被災地レポート 南阿蘇村編

5月25日、益城町から阿蘇村への支援を移した井口さんから報告が届きました。
「井口は阿蘇の雄大な山々と新鮮な空気、美味しい水に囲まれて今日も爽やかな朝を迎えています。
私は1カ月の益城避難所での活動を終えて南阿蘇村に来ています。
こちらは高齢者の総合福祉施設で福祉避難所が設置されています。阿蘇大橋が陥落し、トンネルが崩落し観光地だった南阿蘇は孤立状態で唯一阿蘇山を遠く迂回して辿り着きます。
その迂回路を毎日通勤しているスタッフや自分も被災しながら避難所から通っている人もいます。
ここには20数名の全国から集まったボランティアがスタッフを助け福祉避難所を中心に活動しています。私はその中のサ高住10床の中に福祉避難所6床の所で仕事しています。
災害がおきてから1カ月余り、こちらでもやはり被災後認知症が進んだりストレスが身体症状に出てきています。
毎日帰りたい帰りたいと徘徊され、それを聞く周りの避難者も聞くのが辛いと言われます。
こちらは地震の不安に加えて土砂災害の危険があります。緑の阿蘇の山にはえぐり取られた山肌をむき出しにした縦の筋が何本もみられます。雨が降るたびにその山が暴れ出さないかと不安な日々を過ごされています。
でも、私はここでの生活がとても気に入っています。今は観光客はいないけど少しずつ温泉やお店も営業を再開しています。休日には観光気分で楽しんでいます。あと1カ月、こちらで過ごそうと思っています。」

201605251709391ed.jpeg
スポンサーサイト
[ 2016/05/25 17:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。