塩見みゆき通信

市政の情報や千里丘地域、岸部・南正雀地域の活動をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

井口さんの益城町現地レポート 5月2日

益城避難所より報告
{ボランティア] 阪神淡路から始まり東北の経験を活かしてボランティアの動きも素早く浸透してきました。
でもまだまだ全校から殺到するボランティアをさばききれない現実もあるようです。
昨日一緒に弁当を配ってくれた救命救急士。
「千葉から車で27時間かけてきました。今朝到着して8:30から13:30までボランティアセンターで待機して活動したのは2時間。4時には活動終了です。仕事があるので明日は帰らなければなりません。消化不良のこの気持ちを何ともできず、飛び込みでここに来ました」と。弁当配達の後は避難所での引っ越しや掃除を遅くまで頑張っていました。
どこも大変なんです。なかなか災害の教訓が生かされていない一例です。
ちなみに今は益城のボランティアは県内在住者に限定しているようです。
写真は子供が肩もみのボランティアをしています。

20160504205428bd3.jpeg
スポンサーサイト
[ 2016/05/04 20:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。