塩見みゆき通信

市政の情報や千里丘地域、岸部・南正雀地域の活動をご紹介します。

熊本の友人の元気な声が聞けてほっとしました

昨日、震災後初めて熊本の友人の浪瀬さんに電話しました。
メールで無事な事は確認できていましたが、大変な時、度々メールする事も返信が重荷ではないか、多くの人たちから連絡もあるだろうし。ぼちぼち電話しても大丈夫かな?
「元気だよ、大丈夫!」彼女の声を聞いて、本当にほっとした。大丈夫といってもまだ余震は続いているようだし、家も崩れはしなかったけど、壁にはヒビが入り、家財道具も倒れたり壊れたり。こんな状況でも、「大丈夫」と私に心配かけまいとするところが浪瀬さんらしい。直後は近くの教会の駐車場で車の中でねていたと。ようやくここ数日は、家に帰って寝れているようだが、トイレへ行くのも怖くて、余震と余震の間のタイミングをはかって行っていると。昨日くらいからやっと水が出るようになって助かったとも。まだまだ大変なのはこれからでしょう。彼女や被災されたたくさんの方々が1日も早く元の生活に戻れるますように。
スポンサーサイト
[ 2016/04/24 23:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する