塩見みゆき通信

市政の情報や千里丘地域、岸部・南正雀地域の活動をご紹介します。

井口さんの益城町現地レポート 4月21日

びわこ学園時代の先輩看護師、井口さんが熊本の益城町に支援に入っている事は昨日お伝えしました。続報が届きましたのでリアルな現地の様子をこのブログでお伝えします。
4月21日、AM7:13
🔵 益城町総合体育館避難所では避難者が多く、部屋も廊下もロビーぎっしりでプライバシー以前の問題。場所によっては寝返りも出来ないほど。1週間になり疲労が濃くなっています。
🔵 支援物資はかなり運びこまれていますが、住民の方の手にはまだ届かない。特に衣類、毛布が足りず寒い夜を過ごされています。
🔵 仮設 トイレは沢山ありますが殆どが和式で洋式は2つ。身体の不自由な方やお年寄りは苦労されています。
炊き出しはありますが毎回長蛇の列。軽く1時間は並びます。長く並べない人はボランティアが並びますが、完全に届かず食べれない方もいらっしゃいます。
🔵避難所に入れず車で生活している人も多いです。広い体育館の駐車場はいっぱいで駐車スペースの他にも車はぎっしり。食料やトイレ等を確保する為にここから離れる事は出来ません。
🔵住民の方は辛抱強くあまり不満も表には出されません。でも疲労が募っているのは明らかです。外は雨が降ってきました。心配です。

20160422223214761.jpeg

20160427161721f51.jpeg

20160427162749085.jpeg




4日21日、PM3:06
叩きつける雨と横なぐりの風。車生活の生後1ヶ月の赤ちゃんもロビーで避難しています。この暴風雨は避難生活にはきつい。食事の配給もトイレも外。もらったおにぎり持って傘がさせないので自衛隊がビニールで雨避けしてくれました。
車イスで外に出てトイレ、こればかりは変わってあげられず、みんな全身びしょ濡れです。
あったかいカップ麺が美味しかった!今日は、何人か救急車で病院に搬送されました。私が気にかけていた認知症の方は東京から息子さんが迎えにこられました。もう一人の方は近くの施設に移られました。
私は黄色のビブス、番号8なので「8番さん」と呼ばれています。

20160422223507586.jpeg

20160422223535f0f.jpeg
黄色のビブス8番が井口さんです
スポンサーサイト
[ 2016/04/21 23:01 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する