塩見みゆき通信

市政の情報や千里丘地域、岸部・南正雀地域の活動をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

吹田市で初めての幼稚園型認定こども園 が佐竹台幼稚園で始まりました

4月1日から佐竹台幼稚園が幼稚園型認定こども園としてスタートしました。準備が整った佐竹台幼稚園を前日の3月31日に、市会議員団と石川たえ府会議員とで視察させていただきました。
今まで通り4、5歳児に加え新たに3歳児の受け入れも始まります。就労のために保育を希望する児童もあり、保育時間が子どもによって違います。今までになかったお昼寝のための布団も用意されていました。
元々この幼稚園は、千里ニュータウンのまち開きがされた時、子どもが多く、小学校の低学年用の校舎だったと言う事で、他の幼稚園と比べて、施設も園庭などもとても広く、ゆったりしています。3歳児の受け入れや就労支援としての保育も担う事になり、公立幼稚園として役割が果たせることは本当に良かったなぁと思います。あの維新市政時代には、この佐竹台幼稚園は廃園の計画になっていました。待機児解消の役割もあり、維新の市長のままだったら大変な事になっていただろうと思いました。来年からも年次的に8園が幼稚園型認定こども園に移行する予定です。

20160404234651fa4.jpeg
園の入り口。レンガの積み方やガラスの格子などとてもハイカラです。
20160404234717e68.jpeg
広い園庭にはたくさんの木々や花々が咲いていました。
2016040423473912e.jpeg
お昼寝の布団やロッカーには可愛いマークがつき準備されていました。
201604042348078e4.jpeg
トイレも改修されました。
201604042348326eb.jpeg
給食はクックチル方式で、調理され急速冷却されたものをスチームコンベンションで温めます。調理室では委託業者の方と調理してくださる職員の方々が準備をされていました。
201604042348543ad.jpeg
ご飯と汁物はここで作るとの事でした。新しい大きなお鍋と炊飯器です。
スポンサーサイト
[ 2016/04/05 00:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)
3歳児から受け入れ
公立の施設で3歳児から受け入れられるのは、ありがたいことだと思います。
宣伝不足なのか、3歳児の申し込みが少なかったのは、
どんなところに原因があるか検討しなければならないのではないでしょうか。
もっとアピールして、
「長時間の保育が必要な子ども」と
「こども園で十分保育ができる子ども」と
うまくすみわけられれば、待機児童解消の一助となるのではと期待します。
[ 2016/04/05 22:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。