塩見みゆき通信

市政の情報や千里丘地域、岸部・南正雀地域の活動をご紹介します。

吹田市・摂津市消防指令センターが開設

3月30日、吹田市と摂津市の合同指令センターが開設されました。
吹田、摂津両市の市議会議員は指令センターを見せていただき、この度整備された最新のシステムについて説明を受けました。説明を受けているわずかな間にも次々と通報が入ってきて、緊張感が漂い改めて本当に大変さを感じました。
センターには、吹田市と摂津市のそれぞれの消防署員が配置され、両市からの通報がこのセンターに入り、出動も協力して行う事になっています。
20160404224928692.jpeg

20160404225220a8c.jpeg
市内の高層ビル等に設置したカメラから火災などの状況を指令センターで把握することができます。また大事故が起こった場合はヘリコプターに依頼して上空からの現場把握をすることも出来るようです。

201604042253556d8.jpeg
出動した車両にもカメラを搭載しており、周辺の状況を指令センターで知ることが出来ます。

指令センターには6名の署員の方が、それぞれ4台のコンピュータの前で待機されており、通報と同時に位置の確認する地図が画面に表示されます。固定電話からの通報であれば、直ぐに場所を特定することが出来ます。また、住民基本台帳のデーターも入っており、通報者の名前や年齢も把握することが出来ます。もし、救急の場合、119をした後に意識を失ってしまったり、症状が悪化して状況が伝えられないような事になった場合でも、場所や名前の情報があるため、何か異変があったと判断でき、すぐに駆けつけることも可能です。外国の人からの通報にも対応できるように、コールセンターにつないで、通訳者と当事者、指令センターの署員、3者で通話が出来るようにもなっています。5カ国対応で英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語です。
最新のシステムを駆使して、市民の命、安全が守られる体制が強化されました。


201604042302345d5.jpeg
指令センターは吹田市消防本部に設置されました。
スポンサーサイト
[ 2016/04/04 23:10 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する