塩見みゆき通信

市政の情報や千里丘地域、岸部・南正雀地域の活動をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

戦争させない!9条こわすな!吹田市民集会

6月22日夜、南千里の千里ニュータウンプラザで「戦争させない!9条こわすな!吹田市民集会」が行われ、約250人が参加しました。ジャーナリストの西谷文和氏は、イラク戦争での実態を映像を交えながら報告。沖縄へ支援に行っていた若者、宗教界からキリスト教牧師、浄土真宗の寺住職、教育者などがそれぞれいい発言をされました。
「私が戦争はいけない。9条を守ろうと訴えるのは、かつて仏教教団が積極的に戦争協力をしてきた事への悔いである。祖父は、門徒さんに対し、天皇のため喜んで死ぬことは、浄土に生まれること。鉄砲の玉は、教(のり)の雨、喜んで当たってこい。と説いた。だから私は言わば戦犯の孫。二度と自衛のため、平和のための戦争は仏も許してくれるなどと言うことは言ってはならない。戦争は絶対にしてはならない、9条を守ろうと訴えて生きていきたい」と話された住職さんの話が印象的でした。
日本共産党市会議員団から、柿原まき議員が、昨年市議会で採択された集団的自衛権行使容認の解釈改憲は行わないように国に求める意見書、超党派で行った集会、今年3月議会でも集団的自衛権行使容認の閣議決定の撤回を求める意見書が採択されたことについて報告しました。


20150624012126e60.jpg

20150624012520178.jpg

2015062401273102f.jpg




スポンサーサイト
[ 2015/06/24 01:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。