塩見みゆき通信

市政の情報や千里丘地域、岸部・南正雀地域の活動をご紹介します。

「都」構想否決 市民共同の勝利

  橋下市長と大阪維新の会が大阪市を廃止・解体して5つの特別区の設置を狙った住民投票は17日、即日開票が行われ大接戦の末、反対が多数となり、大阪市の存続が決まりました。大阪はひとつの思いで、吹田からも連日支援に出かけていただいたみなさんも本当にお疲れさまでした。
  夜、開票結果を見ながら、ハラハラドキドキしましたが、「反対多数」がテレビから流れた時はほんとうに嬉しかったです。その結果によったら、「都」構想にとどまらす、橋下維新と安倍氏とが調子にのって憲法改悪でタッグを組むなどということになったら本当に恐ろしいことになると、心底心配していましたから、本当に良かった。
 しかし、敗北した橋下氏のあの爽やかさはなんだろう。不気味でさえありました。やっぱり彼は役者ですね。「民主主義は素晴らしい」などと民主主義に一番似つかわしくない橋下氏の発言に、思わずテレビに向かって「よう言うわ。あなたに民主主義など言われたくない」と叫んでしまいました。
「話し合いでは何も解決しない」「日本の政治で一番重要なのは独裁」などと言い放った人が「よう言うわ」とあきれるばかりです。自分に都合のいいことは「民意」であると言い、性急で強引で、暴言を吐き、自治体本来の役割である福祉を後退させ、文化を敵視してきた橋下氏。橋下氏のどこがいいのかわからないのですが、多くの方が、「橋下さん(維新の会)は何かやってくれそうだ」と言います。先行きの見えない中、期待する気持ちはわかりますが、しかし、橋下さんが知事になって、市長になって約7年経ちます。本当に良くなるのなら、とっくに良くなっているずです。良くなるどころか悪くなるばかりです。何よりも橋下さんは、巧みに市民に分断を持ち込みました。市民と市役所、制度やサービスを利用している人、利用しない人、どちらかが得している、損しているというような感情を操って、市民を二分するような手法をとってました。本当にいやらしいやり方です
  今度は共同の力でくらしや民主主義を守るために、しっかり地に足をつけて頑張っていきましょう。 
 
20150522132655b28.jpg

201505221328230ca.jpg

スポンサーサイト
[ 2015/05/22 13:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する