塩見みゆき通信

市政の情報や千里丘地域、岸部・南正雀地域の活動をご紹介します。

彦根大藪町の友達と約40年ぶりの再会  懐かしい話に花が咲きました

 父親の転勤で約17年幼少期から短大を卒業するまで彦根で育ちました。
現在は実家も転居し、懐かしい彦根に行くこともなくなってしまいました。あの頃のみんなはどうしているのかなぁ。時々思い出しながらも、日ごろは高校や短大時代の友人との交流のほうが主になっています。
 先日、彦根の大藪町に住んでいた女友達で集まることになったとの事で、私の所在を探して、ようこちゃんが嬉しい連絡をくれました。ずいぶん長い時が流れたのに、覚えていてくれた事もとても嬉しいことでした。
 そして今日(11月15日)感激の再会でした。通っていた金城小学校は、あの頃、市内で一番小規模の小学校でした。ですから子どもだけでなく、親もみんな顔がわかるほど、家族的な学校でした。今日はその頃、大藪町に住んでいた同級生(ひとりだけ体調が悪くて来られず残念)プラス長曽根町の恵子ちゃんが揃いました。
 田んぼで思いっきり遊んだことや裸で飛んでいれるくらい近くに浜があり、琵琶湖で泳いだこと、ようこちゃんは、ほんとにいろんな事をよく覚えていて感心しました。いろんな懐かしい話にいっぱい花が咲きました。本当に楽しい時間を過ごしました。また来年会う約束をして別れました。
彦根城
 彦根城
金城小学校同級生
 恵子ちゃん 豊子ちゃん 幸子ちゃん 庸子ちゃん
                 私  明美ちゃん  知子ちゃん
ひこにゃん
 最近は、彦根と言えば「ひこにゃん」です。
スポンサーサイト
[ 2014/11/16 01:11 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する