塩見みゆき通信

市政の情報や千里丘地域、岸部・南正雀地域の活動をご紹介します。

愛知県豊橋市・豊田市へ予算特別委員会について視察

 10月1日から2日、議会運営員会の行政視察がありました。今回の視察は愛知県豊橋市と豊田市へ、予算委員会や決算委員会の審査方法、議会活性化・改革の取り組みなどについて学びに行きました。
 豊橋には路面電車が走っています。この路面電車で市役所まで移動しました。
視察豊橋路面電車
 
 吹田の場合、予算の審議は4つの委員会ごとに分割で審議し、賛否を取ります。その後は本会議場で委員長報告を受け、質問、意見の後、全体で採決になります。現在のような分割付託では、修正や組みかえなどがやりにくいことや分割付託は問題があることなどが指摘されてきました。
 豊橋、豊田の場合、いずれも、分科会的に常任委員会で審議はされますが、最終的には、全員参加の予算委員会を開催し、審議、採決が行われます。
 ただ、驚いたのは、分科会である常任委員会が1日または半日で終了しているとのことで、吹田のように夜遅くまで(朝までのこともあった)や日数を延ばしてまで委員会が開催されることはないとのこと。役所の定時には終了をしていることでした。議員の構成を見ると与党会派が半数以上を占めており、吹田の状況とは大きく違うからでしょうね。
  (予算委員会室を見学させていただく)
視察1
 
 豊田市は市役所前に市民に貸し出す電気自動車を配備しています。さすがトヨタ自動車の街です。
豊田カー

 視察中の様子
視察2

 議会を見学させていただきました。
議場

 最後にトヨタスタジアムを見学させていただきました。吹田市で建設中ガンバスタジアムと同規模です。
トヨタスタジアムは黒川紀章氏の設計で吊り構造の屋根が特徴的です。開閉もできるそうですが、解放している時も、屋根のひさしが影になり、全体として、芝が育つ日照を確保てきないとのことで、年に2回、芝の植え替えされるとのこと。その費用は年額1億5千万円だそうです。ガンバスタジアムは大丈夫かな?と思いました。
 施設内には、市民のためのプールや劇場、レストランもあり、広く市民に利用されているようです。
トヨタスタジアム1
スポンサーサイト
[ 2014/10/20 16:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する