塩見みゆき通信

市政の情報や千里丘地域、岸部・南正雀地域の活動をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「集団的自衛権行使容認の解釈改憲を行わないよう求める意見書」を支持する市民集会に約180名参加

 8月に予定していた「集団的自衛権の行使容認の解釈改憲を行わないよう求める意見書」を支持する市民集会が台風の大雨で延期になっていました。
 ようやく10月10日夜6時半から、さんくすホールで開催することができました。意見書は、3月議会で日本共産党が提案、公明党、民主市民連合、すいた市民自治、すいた市民クラブ、吹田いきいき市民ネットワークの賛成多数で可決しました。公明党以外の会派が呼びかけ人となり、今回の集会開催となりました。
 当日、民主市民連合(3月議会後2つの会派、吹田翔の会と民主市民連合に分かれました)は残念ながら欠席されましたが、4つの会派が参加し、集会では大阪弁護士会の名波氏が講演し、「民主主義の意味は、話し合いをした上での多数決ということだが、多数決でも奪えない人権を守るのが立憲主義と平和主義である。閣議決定で決めるのは、立憲主義に反する」と話されました。続いて会派代表と市民から、意見書に込められた願いや平和への思いへの発言とあいさつがありました。
 日本共産党からは、そろり邦雄府会議員、石川たえ府政対策委員長が参加しました。

集団的自衛権意見書支持する集会1
 呼びかけ人が勢ぞろい
5集会
 会派を代表してあいさつしました。
集会3
 集会後、旭通り商店街周辺をパレードしました。「憲法9条は世界の宝、憲法9条を守ろう」「日本を戦争する国にするな」と声を響かせました。
集会6
 パレードを終わって、呼びかけ人集合。




スポンサーサイト
[ 2014/10/15 16:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。