塩見みゆき通信

市政の情報や千里丘地域、岸部・南正雀地域の活動をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

山田中学校吹奏楽部 スプリングコンサートが開催されました

3月27日、山田中学校で吹奏楽部、OBバンドである山田青少年ニューウィンドオーケストラによる「山田ふれあいスプリングコンサート」が開催され、会場である体育館いっぱいに保護者、地域のみなさんが演奏に魅了されました。山田中学校の吹奏楽部は、以前からそのレベルの高さは有名ですが、本当に素晴らしい❗️感動でした。毎年開催され、今年で32回目です。

2016032800284004e.jpeg

201603280029053f4.jpeg

スポンサーサイト
[ 2016/03/28 00:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

イメージの解放区 大阪府現代アートの世界に輝く新星発掘プロジェクト入選作品展

3月26日、午後から西区にある「大阪府江之子島文化芸術創造センター」で行われている絵画の展覧会へ行ってきました。いつも素敵な絵で元気をいただいている衣里さんの絵が入選されたと聞き、出かけました。
会場はどの作品も力強い、素晴らしい作品ばかりで、さすが入賞作品❗️と感じました。衣里さんの絵は優しく、丁寧な筆使いで、じっくり見せていただきました。今までとは違った大人になられた衣里さんを思いました。またこれからが楽しみです。ありがとうございました。

2016032800045279d.jpeg

20160328000524fba.jpeg

2016032800061119b.jpeg

20160328000641d27.jpeg
[ 2016/03/28 00:08 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

夢つながり未来館5周年イベント 市立わかたけ園の移転完成式

3月26日、夢つながり未来館の5周年イベントと市立わかたけ園移転完成式が行われました。
夢つながり未来館は、青少年の拠点施設として吹田市で初めてできた施設です。中高生が学校帰りに勉強していたり、おしゃべりしていたり、バンド活動や料理する施設もあります。青少年の抱える悩み相談、職業支援などもしています。
一階は子育て支援、図書館もあり、いろんな世代が利用しています。今日の5周年のイベントにもたくさんの方々が参加されていました。
20160326235647bb3.jpeg
山本館長のご挨拶で開会
20160326235714059.jpeg
子育て中のお母さんたちのブラスバンド演奏 子どもたちが聴き入っていました

夢つながり未来館の5周年イベントの後、移動してわかたけ園移転完成式に出席しました。
201603262358169c5.jpeg
杉の子学園と合築されました。こども発達支援センターは、障害のあるお子さんの乳幼児期から継続して支援を行うところです。早期発見早期療育は吹田市が早くから取り組んできた事業です。障害があっても、どの子にも発達が保障され、十分に力が発揮できるように引き続き、その役割を果たしていただけるように、市議会も応援していきたいと思います。

201603262357496f1.jpeg
移転完成式で挨拶される後藤市長
20160326235843dd7.jpeg
新しく気持ちの良い施設
2016032623590608a.jpeg
トイレもとっても可愛いです。シャワーコーナーもあります。
[ 2016/03/27 00:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

3月議会閉会 後藤市長初の本格予算である2016年度予算が可決 初の議場コンサート

25日、議場でのコンサートが初めて行われました。佐井寺中学校のブラスバンド部の生徒さんの演奏と合唱は、とても素晴らしくて、議会中はストレスが溜まるのですが、美しい音色に心が洗われる思いでした。ありがとうございました。

20160327002917dbf.jpeg


3月1日から始まった3月議会が25日に閉会しました。
議案は全て可決されました。その主なものとしては、維新市政時代に事業見直しで廃止となった事業が、はり・きゅう・マッサージクーポン券支給事業、通院困難者タクシークーポン券支給事業として再構築されました。また、小学校の読書活動支援者の拡充、生活困難者の子どもの学習支援、学校や保育所施設の老朽化に対する大規模改修、ゲリラ豪雨に対応する浸水防止の止水板設置補助制度の創設、岸部地域の図書館が整備など市民要求実現の点で評価できるものです。
一方、後藤市長の初の本格予算として、施政方針で言われていた事業見直しにより廃止・縮小された事業の復活及び再構築について、市民の期待に十分応える内容になっていないことや保育所の待機児問題で公立保育所の民営化を進めている場合ではないのに、さらに2園の民営化のための予算が計上されたことなど改善していただきたい事を意見として述べて予算に賛成しました。国民健康保険の特別会計については保険料の高さを軽減するために一般会計からの繰り入れなど努力が必要であり、市民への負担の大きさから反対しましたが、賛成多数で可決されました。


20163.jpg
 3月18日に行った質問の要旨をご紹介します。
1.岸部地域の図書館整備について
質問 ①岸部地域の図書館整備方針は住民におおいに歓迎されるものである。
健康増進広場のパーク施設が、(仮称)健都ライブラリーとして、健康カフェ、多目的スペースなどと共に整備されるとのことだが、図書館の規模はどれくらいか。健康増進広場と健都ライブラリーを一体で指定管理者制度を導入することも検討されているとのことだが、他の公共施設と違って、図書館は図書館法17条で「いかなる対価をも徴収してはならない」としており、料金徴収ができない図書館において民間委託の一形態である指定管理者制度はふさわしくないと考える。所見を聞く。

答弁 図書館条例の中に規定し、吹田市立図書館網の一つとして整備する。健康増進広場と一体となった取り組み、更に指定管理者制度の課題を踏まえた質の高い管理運営方法など、関係部間で協議するとともに、(仮称)「健康・医療のまちづくり加速化ブラン」を策定する過程で十分検討する。

2.障害者の入院時コミュニケーション支援について
質問 ①障害者の入院時コミュニケーション支援事業が始まって約半年になるが、この間、何件の利用があったか。(答弁)
制度は言語や言語と同様に意思を伝えるコミュニケーション支援に限られており、支援者は食事や排泄介助等は行ってはいけないことになっている。結局、介助は家族が担うことになる。親が高齢の場合は大変負担になっている。障害者本人の特性や関わり方をよくわかっている支援者が行う、食事や排泄等の介助についてもコミュニケーション支援の一部とみるべきではないか。
入院時のニーズや実態にあった、当事者、家族の願いに応える支援制度になるよう改善を。所見をお聞く。

答弁 10月の事業開始以降の利用件数は2件。
入院における診療報酬に係る取り扱いにより、身体介護は認められていないため、医療従事者とのコミュニケーション支援が必要な状況であれば利用可能と考える。
「社会保障審議会障害者部会」における「障害者総合支援法の施行後3年目の見直し」の検討の中で、入院中の重度訪問介護の利用については、一定の支援を受けられるように見直しを行うべきであると報告されている。今後、国の動向を注視していきたい。

3.給食の調理業務民間委託の見直しについて
質問 ①給食調理業務の委託は、前市政が職員採用凍結とアウトソーシング推進のもとで進めてきた。2018年までに9校まで委託を拡大する予定である。
災害時には、学校が避難場所になる。給食室での大量の調理が可能。市の調理員職員を安定的に確保しておくことは必要。災害時の想定や今後の職員数、児童数の推移など客観的なデーターも含め再度、委託拡大計画や職員採用については、維新市政時代の計画のままではなく、後藤市政の新たな計画、考え方をしめすべき。

答弁 2018年以降については、職員体制などを考慮しながら、給食調理議用務の委託の進め方を検討していく。

5. 千里丘中央線の安全対策について
質問 千里丘中央線は、千里丘地域の幹線道路ですが、歩道の確保も難しい狭い道路である。住民の方から改善を求める声が寄せられている。通学の子どもたちが、歩道がないために、車道の方へふくれて歩くことになり、大変危険である。グリーン舗装の部分も狭く、電柱などがあり、通行のバリアになっている。全体を改めて点検し、側溝部分は蓋かけをする、電柱の移設を検討するなど安全対策を求める。

答弁 用地確保で歩道設置は困難。可能な対策としてグリーンウォーク設置、路面表示や啓発看板など実施する。路側帯が狭いうえ電柱が通行の妨げとなっている箇所については電柱の移設が可能か電柱占用者と協議する。側溝部分の改修も併せ検討する。
[ 2016/03/25 18:05 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

危ない‼️千里丘中央線の安全対策を求める

 2月に千里丘中央線の安全対策について要望をいただきました。すでに担当課には危険個所を伝え、対策を求めていますが、路線全体を点検して、改善できるところから実施していただくために3月議会で質問、要望しました。その内容を議会報告としてまとめました。
20160318152038f91.jpeg
 千里丘西側から千里丘中央線に出るところが見通しが悪く危険です。以前から要望が出ていますが。なかなか良い対策がありません。角の駐車場の樹木を剪定してただくよう所有者の方にお願いをしています。前方の電柱にカーブミラーの設置も検討してもらっています。
2016031815210699a.jpeg

議会報告塩見 千里丘中央線
[ 2016/03/18 15:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

保育所に入れなかったお母さんたちが行動 毎日・よみうりテレビが取材

3月8日、保育所入所不承諾になり、「仕事を辞めなくてはならない」など本当に困り果てて、連日保育所の窓口へお父さんやお母さんが相談に押し寄せています。SNSで呼びかけたお母さんたちが市役所に集まり、「市長に保育所に入所させてください」「保育所をつくってください」と切実な思いを記した要望書を提出しました。吹田の入所申し込み2481名待機児1018名(今日現在)は史上最高です。毎日放送のボイスでは連日この事を取り上げました。
今日の行動は毎日放送、よみうりテレビ、朝日新聞が取材にきました。市長は後日、お母さんたちと会って話しをする事を約束したそうです。
明日は、日本共産党市会議員団が代表質問で待機児問題を取り上げます。保育園課は、待機児の対応と保育所民営化の対応で職員も疲弊しています。わが議員団は、今、民営化をしている場合ではなく、公的責任を果たすことを優先して、民間で余力のある法人には、新たな保育所の整備に協力していただけるよう、吹田市は独自の支援策を打ち出す事が緊急の対策ではないかと考えます。早く子どもたちの保育所が確保され、お父さん、お母さんが安心して仕事と子育てができるように、議会でも求めていきます。

20160309005448d73.jpeg
子どもを抱いて、行動するお母さんたち
201603090055236a5.jpeg
[ 2016/03/09 01:22 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

春の陽気に誘われてポカポカ日向ぼっこ

3月5日、気温は20度を超えてポカポカ陽気。うちのわんちゃんもベランダに出て日向ぼっこをしています。カメラを向けるとちょっと嫌そうな表情になってしまいました。
色とりどりの花を咲かせているパンジーは、彦根の友だちが種から育てた苗をいただいたものです。何色の花が咲くのか楽しみにしていました。色のバランスも良く見事です。
20160307152314f7d.jpeg
[ 2016/03/07 15:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

保育所入所希望者2481人に対し、1018人が保育所決まらず(2/1時点) 待機児解消のための緊急申し入れ

 2月の末に議会に対して待機児の報告がありましたが、近年の状況と比べても突出した待機児の数にびっくりしました。議員団のところにも保育所が決まらすに困っているという声も寄せられています。今後、担当課が希望者と調整をされ、若干は解消されますが、それでも事態は深刻です。本当に仕事を続けられないということにも成りかねません。日本共産党吹田市会議員団は、日本共産党吹田市委員会、石川たえ府会議員と連名で、以下の文章を後藤市長に手渡し、申し入れを行いまた。

待機児解消のための緊急申し入れ
先日議会に報告があった2016年度保育所等の利用申し込み状況によると、2月1日時点で入所希望者2481名に対し、1018名が不承諾となったとのことです。また、年齢別では0歳児180名、1歳児365名、2歳児249名、3歳児152名、4歳児63名、5歳児9名と、全ての年齢で不承諾が多く生まれているとのことです。
 これまで吹田市では、待機児解消加速化プランにより、子ども子育て支援新制度を先駆ける形で小規模保育事業者の参入をすすめ、待機児解消の取り組みを行われてきました。新制度が始まった下でも、保育所の整備個所と比べると、小規模保育事業の整備個所数が多くなっています。このことが、逆に3歳児の行き場をなくし「3歳の壁」とも言われる事態を引き起こしています。
 国は、「女性が輝く社会」を標榜していますが、実際には、保育所に入ることができず、退職に追い込まれる女性が相当数生まれるのではないかと大変危惧するものです。
 児童福祉法24条第1項には、市町村の保育の実施義務が明記されています。後藤市長においては、可能な限り待機児を生まないために当面行うべきことと、中長期的に行うことの2つの目標と対策を明確にするとともに、以下の点について実施するよう求めます。
 一、待機児が生まれないよう市を挙げてあらゆる手立てをとるために、「緊急事態」を宣言するとともに、国に対し緊急対策を要望すること。
二、市の保有施設等で公立の待機児童園を開設すること。
三、4月以降、保育所入所できなかった世帯に対し、他の子育て施策も含め丁寧な支援を行うこと。
四、住宅開発による増加をはるかに上回る保育所入所希望の増加要因を究明し、子ども子育て事業計画に反映、修正すること。
五、小規模保育所ではなく保育所を整備すること。社会福祉法人には新たな保育所整備を働きかけ、それに対する市独自の援助を行うこと。
六、吹田の社会福祉法人の保育士確保策として、保育士給与の公私間格差是正制度を設けること。
七、待機児解消を最優先に行うため公立保育所の民営化は凍結し、現在の公立保育所数を維持すること。

待機児申し入れ1

待機児申し入れ2

議会報告塩見16年3月15日
[ 2016/03/03 12:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2

[ 2016/03/03 11:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。