塩見みゆき通信

市政の情報や千里丘地域、岸部・南正雀地域の活動をご紹介します。

9月11日に代表質問をしました

9月議会
主な質問の内容を報告します。

●井上市政、2年半の施政運営を検証せよ。
 問い 福祉バスきぼう号の廃止後、今年8月22日に阪急バスは、ダイヤ改正で大幅に減便され、千里丘、山田、ニュータウン、JR以南など市内の広範な地域で大きな影響が出ている。「バスがなくなり、困っています」などの声が寄せられている。事業見直し後、市民生活を取り巻く環境や状況が変わっている。事業の廃止、縮小後の影響を実態調査するべきではないか。 
 答弁(市長) 事業の再考することは困難。そのための調査はしない。
●学校施設に常時国旗が掲揚された件について
 問い 突然、2学期から小中学校に国旗が常時掲揚された。国旗については、さまざま意見が分かれている。内心の自由が尊重されるべきである。学習指導要領など根拠とするものは何もなく、強行したのはどうしてか。中止せよ。
 答弁 市総務部からの通知文あり、学校も市の施設であることから国旗の常時掲揚を行った。
●生活保護基準の引き下げの影響について
 問い この8月1日から生活保護基準の引き下げが実施された。
①引き下げによる吹田市の保護世帯への影響は。
②住民税非課税基準が変わり、各種料金、制度に影響が及ぶ。生活保護基準の引き下げ以前の所得要件のまま、各種料金・制度を運用すべき。
 答弁 ①60歳単身の世帯で660円、夫婦と子ども二人の世帯で6480円の減額。増額となる世帯はなし。
②できる限り影響が及ばないことを基本的な考えとする政府の方針を踏まえ、国や他市の状況も見極めながら対応策を考える。
●吹田市老人ディサービスセンター条例等一部改正について
 問い ディサービス業務を担う法人の制限を外すための条例改定である。営利を目的とする法人が参入することになれば、利用者負担増や、非正規職員の配置など、利用者の安全確保し、望ましい介護の提供ができない。
 答弁 現在は多くの株式会社が介護事業をしている。選定時に、継続性・安定性を含め選考を行う。 
●交通災害・火災等共済制度の廃止について
 問い 共済への加入は6万人おり、2009年8月に行った市政モニタリング調査結果では、制度の継続を望んでいる市民は約65%、逆に廃止は約22%。民間保険が普及してきたというが、高齢者世帯や低所得者がわずかな掛け金で加入できるような保険や見舞金制度がどれくらいあるのか具体的に示せ。浸水被害も対象となり必要度は高い。基金1億5000万円以上あり、自治会へのとりまとめ報奨金もあり、自治会の活動も支えている。廃止という判断は拙速。 
 答弁 状況を鑑み、行政が取り組むべき見舞金制度としては一定の役割は終えたと考えている。
●市民病院中期目標について
 問い 市民病院の役割は、地域に不足する医療を担うことであり、民間ではできない不採算医療を提供することです。そのためには、独法化しても自治体病院として、吹田市の財政面での支えは不可欠である。中期目標に吹田市の責任を明記せよ。
 答弁 公的役割がはたせるよう、適切な運営費負担金の確保に努める。
●公立保育園の民営化について
 問い 井上市長に変わり、私立保育園への運営助成金が減らされ、公立園は、退職者不補充、非正規雇用の増加、地域担当保育士の削減もされた。民営化によって、さらに、公私ともに保育園にたいする市の予算を減らすことが目的である。今の保育園の親や子どもの現状がどうか、その中で公立園がどんな役割を果たしているのか、こどもたちにとってメリットがあるか、全く議論されていない。非正規雇用の拡大、ひとり親家庭、親の病気、ドメスティックバイオレンス、虐待などさまざまな問題を抱えた家庭が増え、きめ細やかな支援が求められている。
 今、どうしてもやらなければいけないのか、今一度、慎重に判断されるべきです。
答弁 今後も安定した保育サービスの提供、持続可能な体制の構築を図るため、5園の民営化を政策決定した。
●南吹田地域における地下水汚染浄化対策について。 
問い 汚染対策を行うことは賛成である。しかし、市が34億円全て負担する根拠は何か。
 学識経験者の見解で、「汚染原因である蓋然性が非常に高いA社に負担の責任がある。市とA社、それぞれが応分の責務を認識して費用負担を分担すべき」としている。
A社にたいして汚染対策の負担を求めるべきである。
答弁 A者は社会的貢献活動として、協議に臨まれる。
その他の質問
●職員採用凍結をやめて、適正な職員配置を
●子ども・子育て支援法 市の裁量で公的責任果たせ
●図書館の民間委託で市民サービスの低下を招くな 等

スポンサーサイト
[ 2013/09/25 12:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

9月定例市議会が開催されています

 市議会9月定例会が4日からはじまりました。26日までの会期でおこなわれます。
今議会には、市民の相互扶助である交通災害・火災共済制度の廃止の提案、独立行政法人化が決まっている吹田市民病院の中期目標について審議が行われます。
〈主な日程〉
 4日(水)本会議(提案説明)
10日(火)文教委員会
11日(水)財総委員会、本会議(代表質問③塩見議員)
12日(木)本会議
(※個人質問は代表質問が終了後に入ります。個人質問順番・氏名を紹介します。⑦山根、⑨上垣、⑪倉沢、⑮玉井、⑯村口、⑳柿原)
13日(金)本会議
17日(火)本会議
18日(水)委員会
19日(木)委員会
26日(木)本会議(討論、採決)
 その他随時、議会運営委員会等があります。請願の締切りは12日です。
〈主な議案〉
■条例
◎報酬及び費用弁償条例及び実費弁償条例の一部改正(教育委員などの行政委員会委員の報酬を月額制から日額制にするなど非常勤職員の報酬を減額する)
◎退隠料及び遺族扶助料の年額の改定に関する条例の一部改正(法改正による)
◎市税条例等の一部改正(法改正による)
◎市立老人デイサービスセンター条例等の一部改正(指定管理者を全ての法人に拡大)
◎執行機関の附属機関に関する条例の一部改正(市営住宅民間資金等活用事業者選定等委員会を市長の附属機関とする)
◎交通災害・火災等共済条例の廃止
◎市長の給料及び期末手当の特例に関する条例等の一部改正(市長、副市長等及び一般職の職員の給料を減額する)
■単行事件
◎JR岸辺駅南駅前広場整備工事請負契約の締結
◎南吹田下水処理場雨水滞水池機械設備工事請負契約の締結
◎千一地区公民館及び(仮称)千一コミュニティ施設建設工事請負契約の締結。㈱紙谷工務店。
◎公共工事設計労務単価改正により、ストックヤード等建設工事請負契約、(仮称)千里丘北小学校建設工事請負契約、岸部第一小学校校舎耐震補強3期工事請負契約のそれぞれについて一部変更する。
◎地方独立行政法人市立吹田市民病院中期目標について
■一般会計予算
〈補正第4号〉
◎ガンバ新スタジアム建設支援事業(公正証書作成の手数料)                30万4千円
◎債務負担行為(スタジアム用地等借上料・49年間)              97億7681万6千円
〈補正第5号〉
◎(仮称)くらしの場整備事業(社会福祉法人に土地を有償貸与するため、市事業2課跡地の既存施設の解体撤去工事)             3147万2千円
◎子ども・子育て支援事業計画策定事業(アンケートの実施)                 332万円
◎南吹田地下水汚染浄化対策事業  4253万7千円
◎南吹田駅前線立体交差事業    1億1700万円

◎(仮称)新佐竹台住宅集約建替事業(アドバイザリー委託料)              207万6千円
◎公共施設等整備積立基金事業(施設管理公社解散による清算金を基金に積立て)   1億1398万3千円
◎債務負担行為
・子ども・子育て支援事業計画策定業務  319万円
・東山田留守家庭児童育成室リース費用                        6366万5千円
・南吹田地下水汚染浄化対策事業                        33億9277万1千円
(仮称)新佐竹台住宅集約建替事業                 5年間   46億7307万4千円
・市営住宅建替事業アドバイザリー委託業務                       496万2千円
・東山田小学校校舎リース費用   7488万5千円
■その他
◎2013年度一般会計及び特別会計、企業会計(水道・病院)についての決算認定(各特別委員会を設置し、定例会終了後に開催し議決する予定)
[ 2013/09/10 19:39 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)